お葬式の変化

棺桶

家族葬が増える

神奈川県内には数多くの葬儀会社が点在しています。比較的大手の葬儀会社が集まる神奈川県では、大規模な葬儀を売りにする所が結構あります。しかし、最近になって、そのような葬儀会社にも変化が訪れています。お葬式の在り方が、最近大きく変わろうとしているためです。これまで、社会的地位のある人や上流階級の人は、盛大なお葬式を挙げることが殆どでした。ところが、そのような階級の人でも、最近は家族葬などの小さなお葬式を希望する人が増えているのです。そのようなお葬式は、故人の遺志により執り行われることが殆どだといいます。お葬式は個人的な事と考える風潮が濃くなったことに加え、遺族に面倒を掛けたくないと考える人が増えたためとされています。そのような傾向が強まったため、神奈川内の葬儀会社でも、家族葬に力を入れる所が増えてきました。そんな現状を考えると、葬儀会社の収益はかなり減少していると考えられます。これまで、数十万円から100万円とされていた葬祭費用が20万円代に縮小されているのですから。しかし、実際の葬祭の収益はむしろ増加している傾向があります。その理由は、葬儀の収益は減っても、お別れ式の収益が格段に増加しているからです。家族葬を希望するセレブ層は、その殆どの人がお別れ式を開催しています。葬儀は家族だけで執り行っても、弔問の意を表する人への礼儀も大切にしているためです。神奈川圏内の葬儀会社には、お別れ式に関する問い合わせも増えています。